広島のホームページ制作会社 株式会社GOWEBのスタッフブログ

LAN上に無線ルーターを置いてWi-Fi接続する

お客様からLAN上に無線ルーターを置いて、Wi-Fi接続したいとご依頼をいただきました。その時の設定を書き留めておきます。

ルータ
LAN上に設置するルーター機器は、Buffalo WHR-1166DHP3 (以下、無線ルーターと記します。)

もともと、LAN上にはルーターが存在していましたので、今回設置する無線ルーターはブリッジモードに設定します。これで、この無線ルーターは無線機能だけになります。
(写真右側のスイッチを「BRIDGE」にします)

ここで確認!! 無線ルーターを「BRIDGE」モードにすると、無線ルーターのIPアドレスは、どうも、192.168.11.100 に変更される様です。(購入時は192.168.11.1でした。) なので、これから接続しようとするLAN上に、192.168.11.100のIPが無い事を確認しておきます。もしも同じIPが既に存在している場合は、無線ルーターに別のIPを設定しておきます。また、サブネットマスクや、ゲートウェイの設定も行っておきます。

LANに接続(LANケーブルはどこに接続してもOK)し、背面のモードスイッチを「BRIDGE」に変更して電源を入れます。POWERランプ(一番上)とワイヤレスランプ(上から2番目)が点灯し、インターネットアクセスランプ(上から3番目)とルーターランプ(一番下)は消灯しています。これで、Wi-Fi接続できるはずです。
ですが・・・ ここで、注意を!!

このままだと、セキュリティキーを入力すれば、Wi-Fi接続できます。ですが、もう少しセュリティを上げるために、無線ルータに登録されたスマホ等の機器のみが接続できる様にします。
管理画面内にある、無線設定のMACアクセス制限をクリックして、[登録リストの編集]をクリックして、登録するMACアドレスを登録します。これにより、ここに登録されたMACアドレスのみが、無線ルーターに接続できるようになります。

その他にも、ANY接続のチェックを外すことで無線ルーターが検出されなくなり、一般の目には触れなくなりますが、ここでは割愛しておきます。

無線ルーターはとても便利な機能ですが、セキュリティもしっかりしおくことが大切です。

そして、無線ルータに接続する機器には、ウィルスチェッカーが入っていることが必須です。LANに接続しますので一般のPCと同じ扱いになります。

 

 

 

 

ウィルス対策ソフトは最新ですか?

皆さんが使っておられるウィルス対策ソフトは最新ですか?

ウィルス定義ファイル(データベース)の最新ではなくって、ウィルス対策ソフトのバージョンのことです。

ウィルス定義ファイルは最新だから安心と思っていませんか?

実は・・・

私もそう思っていました。

ですが・・・

最新バージョンのウィルス対策ソフトでは、メールに添付されてくるウィルスファイルを削除するのに対し、

旧バージョンのウィルス対策ソフトでは、何事もなかった様に届いてしまいます。

今、ご利用になられているウィルス対策ソフトのバージョンを確認し、より最新のバージョンがある場合は、アップデートされることをオススメします。

問題が発生する前に、自己防衛してくださいね。

巧妙化されたメールにご注意ください!

巧妙化されたメールにご注意ください!

メールに添付されたファイル名が、
いかにもExcelファイルの様に、xlsの拡張子が付いていますが、
良く見ると、zipの拡張子が付いています。

拡張子を表示しない設定のPCでは、このファイルを保存すると、
Excelファイルの様に見えますから、思わずクリックしてしまうかもしれません。

みなさま、お気を付けください。

image

 

 

重永農産さんが待ちに待った28年度産新米の販売を開始されました

kokuchi2016

待ちに待った28年度産新米の販売を重永農産さんが開始されました。

今年もスクスクと育ったお米、その販売が始まりました。

私も早速購入です。

重永農産さんのホームページ
http://seramai.jp

重永農産さんのヒメノモノチは毎年すぐに完売してしまいます。
購入をお考えの方は、早めに注文されることをおすすめします。
何せ完売してしまうと来年の秋まで待つことになりますから。

カープ観戦に行ってきました

8月30日、マジックが点灯した初の地元広島開催の試合を観に行ってきました。

IMG_4647
結果は、横浜2-広島8で快勝!! 楽しいひと時でした。

IMG_4652

マジックも減って、優勝間違いなしですね!!