パトリシア・コーンウェルの新刊「変死体」続き

世間はクリスマスだけれど、クリスマスだから、パトリシア・コーンウェルの新刊「変死体」上下巻を読みました

うーーーーーーーーーん…

「身近な人が…」パターンは、一回目は「はっ」としましたが、続くと微妙ですね…

適度に面白くはあったのですが、望んでいたものとは違っていた、というのが正直な感想です

シリーズ始めごろの作品とは違うものだと思えば良いのかもしれません

犯人が浅い?

主人公のケイの人格がかわってしまった?

マリーノがあまりにも嫌なやつになってしまった?

「検視官」的な謎解きがない…

犯人にも魅力がなく、残念です…

ジェフリー ディーヴァーの「ウォッチメイカー」のような犯人求む!