事業継続計画メールシステム 「BCPメール」 を公開しました

事業運営の過程において、予期せぬ災害、事故等に対する社内統一的な対応計画は、企業存続になくてはならない経営課題です。

この事業継続計画(以下BCP:Business Continuity Plan)に欠くことが出来ないものに情報連絡体制の確立があります。先の東日本大震災における企業の存続危機が、大きくクローズアップされていますが、今後、企業におけるBCPの確立有無が、企業価値評価の大きな決め手となります。

災害、事故発生時には、その規模の大小にかかわらず、企業資源(人、物、資金等)の確保は事業継承の大前提です。
これらの企業資源のうち、一番に災害対応に必要な人的資源の、所在、安否、出社可否などの状況を、「BCPメール」は、確実、正確、迅速に情報収集します。

詳しくは、bcpmail.net をご覧ください。