広島で雪の日に通ってはいけない橋!

これはもう世にも恐ろしい橋のハナシです…

昨日、広島では積雪により、朝の通勤ラッシュ時に道路凍結という事態がおこりました

自宅近辺は、これまでそんな時でも、メイン通りに出たらもう雪はとけている、ということばかりだったので、早朝メイン通りをチェックすべく、朝6時前にメイン通りにむけて歩いていると、運よく新聞配達さんに出会えたので、ききこみ

すると、

「メイン通りはもうとけてたよ」

とのことだったので、じゃあなんとかなるかな?と、甘い考えでもってノーマルタイヤのクルマで出勤

新聞配達さんの言った通り、メイン通りはべちゃべちゃしていたけれど雪はとけていて、大渋滞ではあってけど、そのままさらに大きい道路に合流

すると、「雪降った?」って聞きたくなるくらい道路に雪はなく、やっぱり自宅近辺は田舎なのねぇ、などとのんきに構えていました

が、

そんなに運転がうまいわけではないので、雪の日に運転なんてありえないわたしにとって、これから起こる恐怖の連続を、その時想像だにしていませんでした…

のんきに雪のない大通りから、ひょい、と右折した時、それは起こりました!

右折レーンだけ凍ってる!!!!!

若干かけたブレーキが全くきかずずるずるとすべる…

幸いスピードも出していなかったので、停止線でとまることができたけれど、矢印信号がでたので曲がると、

【通ってはいけない橋パート1@三篠橋】

全面白く、分厚い氷で凍っていました…

セカンドで時速3km(?)くらいでノンブレーキのまま進む。ブレーキふんだり、すべったらアウトっぽい。幸い(これが原因で橋の雪がとけてなかったんだろうけど)前後に全く他の車はなく、なんとか橋を通過

橋をすぎると、また雪はなく、雨が降った後のような道路で、べちゃべちゃと横川駅に向けて走る

なんとか無事で良かったと思っていたら…甘かった…

中広通り、雪でじゃりじゃり…&大渋滞

とにかく、ぶつけないように、もうずっとセカンドかロウで走行。きっと歩く方が早い

もう逃げ出したかったけど、右車線にいたものだから逃げ場ナシ…左車線に車線変更する勇気もなし…渋滞してたし、すべってぶつかりたくなかったから

コンビニの駐車場にとめて雪がとけるまで居座りたい、そのためいつか車線変更したい、ただそれだけを願い運転

ようやく100m道路まで来たところで、橋の選択にせまられる

●前方に見えるあきらかに白い道路と、その先の想像もできない空港通り。ここを選んだら、旭橋か、庚午橋をわたることになる

●右折すれば、新己斐橋をわたり、旧宮島街道を通る道へ

普段の朝の通勤ラッシュを思い浮かべ、交通量が多い後者、新己斐橋を選択することに

100m道路、凍ってました…

右折と同時にやってきた白い道路…そしてまた右車線…

せめて左車線にさえ行けることができたら、区役所近辺の駐車場にクルマを置いて逃げるのに…

どうしてこんなことになてしまったんだろう

自宅近辺より雪があるなんてこれまでなかったことなのに…

雪の日の運転は絶対さけてきたのに…

「もうダメかもしれない」と真剣に思いながら運転

【絶対通ってはいけない橋パート2@新己斐橋】

雪国?

橋の上は完璧に分厚い氷

とけてるところもない

反対車線(市内に向かう方向)は、タイヤの道筋だけ若干とけていたのに、宮島方面に向かう車線には白くて分厚い氷…こんな道徒歩でも通らない!

「本当にもう死ぬかもしれない…」と、かなり真剣に思いながら運転

逃げ場もなく、ただこの運命を受け入れるしかない…

それでもなんとか新己斐橋を通過後、旧宮島街道へ

そして、若干じゃりった氷と、アスファルトの道路を微妙な速度で通過

もう雪は終わりに違いない、と西広島バイパスと交差する道路を横断

終わりじゃなかった…

またもや若干凍った道

橋ほどではないものの、いつまでこんな神経使って運転に集中できるのか、もう自信がなくなってきたその時!

変電所前の新しくできたローソンの看板が!

念願の、夢にまで見たコンビニの駐車場

駐車場にクルマを停めたときに、もうこのまま雪がとけるまでここから動きたくない!と思うほどぐったり

とりあえず「ひどい疲れに効く」とうたい文句のついた栄養ドリンクを飲んで休憩

もうかれこれ2時間以上雪道を運転してきた

もう終わりにしたい…でもここから引き返したとしても、自宅までの道のりを考えると引き返すこともできない

しばらく休憩後、コンビニを後にする

草津に入ったところで…

雪ない

井口まで来ると全く雪の気配もない

これまでの雪道は夢?

ぐったりと一日をすごし、帰宅後、寝ているところをパパにおこされ、自分は会社までいつもの3倍時間がかかったけど、そっちは?と聞かれる

目が覚めてしまったので、聞いてみた

「パパだったらどの橋を選んだ?」

すると、

「新己斐橋だけはありえない」

と…

一番恐ろしい橋だったなんて、広島に生きてきて初めて知りました…

この日の救いは、変電所前のコンビニ店員の、とても感じの良い応対だけでした