javascript csvを多次元配列として取得し、ソートしてみた

タイトルが長い!

でもそのまんま

例えば、名簿などをExcelなんかでもらって、それをWebページにする時、csvデータとして、取り込んで適当なタグをつけてhtmlとすると便利なわけですが、名簿ってやつは、増えたり減ったり、役職がかわって順番が変更になったり、なかなかめんどうです

名簿の場合は、csvの段階で、会員Noや社員NOでソートしたものを、javascriptで取得した方がいいと思うのですが…

まぁ何かに使うこともあるかな?

※lineData に↓こんな感じでデータが入っています

aaa,a1,aaaa,5

bbb,b1,bbbb,2

ccc,c1,cccc,1
var num = –lineData.length;

//データを多次元配列に
var List = [];
for (var i=0; i<num; i++){
strText = lineData[i].split(“,”);
List[i]= [];
for(var j=0; j<4; j++) { //データが4つだからj<4
List[i][j] = strText[j];
}
}

//ソート
List = List.sort(function(a,b){return(a[3] – b[3]);}); //添え字で3のものをソート

List[0][3] に「1」が入ってます♪

とんでもなく覚書でした…

javascriptはあまり楽しくないけど、配列関係は面白いかも