ロスト・シンボル byダン・ブラウン

読みたい新書は、いつも文庫本になるまでひたすら待ち続けるのだけれど、図書館に行ったらあったので借りてみました

嬉しい上下巻モノです

三連休の中日に、子供と海に行ったばかりに、疲労で月曜日全く動けなかったため、ひきこもりだったため、上巻だけ読めました

ダン・ブラウンといえば、映画化された「ダ・ヴィンチ・コード」や「天使と悪魔」で有名な作家

で、この「ロスト・シンボル」も主人公がロバート・ラングドンの、シリーズモノです

小さな証拠から犯人をつかまえる科学捜査モノ好きで、ジェフリー・ディーヴァーの小説や海外ドラマ「BONES」に目がないわたしが、めずらしく読んでいるシリーズ(?)

主人公はいつも気がつくと事件に巻き込まれていて、知識をもとに謎を解きながら、事件を解明していくのですが、この「ロスト・シンボル」では、女性の登場人物がちょっとまぬけな気が…

読んでいるこっちが「あやしい」と感じずにはいられない罠に簡単にひっかかってしまったり…

上巻だけで言うと、イマイチ犯人にも魅力がないような…

と、いいつつ一気読みなので、やっぱり面白い

他の方が書かれた書評に、「下巻になると犯人への物足りなさが一変!」とあったので、下巻に期待!!