違いがわかったもみじ饅頭

まわしもののような話ですが、事実なんで…

RAKU山田屋さんの、紅錦(もみじ饅頭)を子供に食べさせたら、

「いつものと違う!おいしい!」

の一言

「どこが?」

と聞くと、

「外のと中に入ってるの」

という的を得ない返答をもらいました

国語がとんでもなくできない子供なので、美味しんぼのような細かな描写は期待できず…(そんな描写をされても困るけど)

確かに、餡が上品な甘さで、外のカステラがふんわり。食べると違いは絶対わかります!

ちなみに、普段ケーキを全く食べないし(誕生日もクリスマスも)、パウンドケーキなども全然食べない子供なんですが、RAKU山田屋さんの「秀でる山」は「おいしい!」と食べます

この「秀でる山」も、やはり上品な甘さのクグロフです

スーパーで買った杏仁豆腐は食べないくせに、ホテルの中華料理店で出たデザートの杏仁豆腐は「おいしい」と食べる子供なので、彼女の「おいしい」は信用できるかも?