クリストファー・パオリーニ著「インヘリタンス 果てなき旅」上下巻を読みました

思わず一気に読んでしまいました。児童文学だからか、文章が簡単だったので時間がかからなかったので

このシリーズはなかなか好きで、シリーズ当初から読んでいます

ドラゴンの卵を見つけ、ドラゴンライダーになった主人公が世界征服をたくらむ大ボスと戦う物語

↑RPG風に説明♪

何年もすっと続きがでるのを楽しみに読んでいましたが、これで最終巻です。主人公が少しづつ成長していく様子が丁寧に描かれていて、挫折や失敗、悲しみなどなど平坦ではない道が続き、最後まで「特別待遇」はありませんでした。←ここが良かったところです!

ラストはあっけなくもありましたが、児童文学だから仕方ないかな、と

映画化もされたけれど、映画版は微妙でした。スケールの大きな話は、やっぱり指輪物語くらい大規模にお金かけないと厳しいのでしょうか?

いつの間にかドラゴンライダー特設HPがありました