ホームページのリース契約はできません!!

もう随分前の事になりますが、お客様を訪ねたところ、ホームページをリース契約で作ってもらったけれど効果がまったくなくて、今のホームページを解約したいが、どうすれば良いかとのご相談をいただいた事がありました。

ホームページを持ちたかったが、制作費用を捻出することが難しかったため、月々3万円の5年でリース契約をされたのだそうです。月々3万円の支払いで済むのですから心が動かされたのだそうです。

ホームページはリース契約ができません

ホームページは無形ですからリース契約ができません。ですが、パソコンやソフトに5年間のリースをかける形で「初期費用無料のホームページ」をリース契約されたそうです。一旦、契約してしまいますと、販売業者へはクレジット会社から全額が一括で入りますから参入業者が後を絶ちません。

5年間は解約できません

ホームページ制作でも、5年のリース契約を結んでしまった場合、5年は解約することができません。月に3万円ですと総額180万を支払うことになります。ホームページ(Webサイト)などのインターネット関連業界は技術革新の変化が激しい業界です。5年も経てばデザイン、システム、サービスは陳腐化し過去のものとなります。リース料の支払を拒否しても、リース会社からは債務不履行として残りのリース料相当額の損害賠償を請求されます。リースは使わなくなっても最後まで支払い続けるしかありません。

また更新サポートは余り期待できませんから、写真や文章の差し替えくらいで、新しい機能の追加やカスタマイズは皆無に等しいと考えても良いでしょう。

契約終了後のホームページはどうなる?

契約終了後のホームページはどのようになるのでしょうか?
リース物件ですので、リース会社に返却するのが一般的ですす。そこで問題になるのが、取得したドメインの所有権、ホームページに掲載されている内容(画像や文章)の著作権、ホームページサーバーの契約等、リース終了後にどうなるのかが不明では、ビジネスを行うにあたりあまりにもリスクが高すぎます。

お客様は勉強と思って仕方ないとおっしゃっておられました。

新しいホームページをご一緒に考え進めていくことになりました。